出版事業部はこちら

作家の一枚

宮武健仁
Takehito miyatake

1966年大阪生まれ、徳島育ち。東京工芸大学卒業後、写真機器メーカーのスタジオカメラマンを経て、1995年に「宮武写真工房」を設立。
水をテーマに郷里の吉野川を中心に四国を撮り歩く。2009年に桜島の噴火を見て以来、火山国である日本各地の地球の活動が感じられる風景、その近くを流れる清流、そこに暮らす光る生き物たちを追い全国を旅する。「日経ナショナルジオグラフィック写真賞2013」ではグランプリを受賞、それに伴いニューヨークへも招待され個展「日本の夜と光」を開催し好評を博した。
主な著書に「四季紀伊」「清流吉野川」(ともにクレオ)「生きている大地『桜島』」(パイ インタナショナル)「Shine―命の輝き―」(青菁社)などがある。
(公社)日本写真家協会会員

宮武健仁ポートレート

写真集カバー

宮武健仁写真集

「Shine ー命の輝きー 」

青菁社
サイズ:A5変(天地148mm×左右203mm)96ページ
発売日:2019年6月21日 定価:本体1500円+税

同時開催 - 「輝く光景」

富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2 2019/6/14-2019/6/20  富士フイルムフォトサロン 大阪 2019/7/19-2019/7/25
詳細はこちらまで フジフイルムスクエアホームページ(外部のウェブサイトに移動します)